安心してできるFXの方法の決め方

業者の内容を比較しよう

最近ではサラリーマンの副業としてFXが注目されていますが、業者によってサービス内容が異なります。
業者は国内だけでなく海外もあり、レバレッジが高く追証なしのゼロカットシステムのため口座残高不足になる心配をせずに済むことがメリットです。

しかし、実際には詐欺のリスクが高く金融庁の許可を受けずに営業し、国内では推奨されていないため自己責任で利用する必要があります。

比較する内容は取り扱う通貨ペアやそれぞれのスプレッド、口座タイプだけでなく、金融ライセンスや日本語対応、問い合わせの方法をきちんと確認することが大事です。

また、口コミが少ないものは利用されていないことになり、それなりのリスクがあると考える必要があります。詐欺の被害にあわないようにするためにはメリットだけでなくデメリットも確かめ、長く安心して取引ができるように決めることが重要です。

おすすめの業者とは

業者の選び方は人それぞれですが、国内ではレバレッジが最大で25倍までに制限され口座残高不足になれば追加証拠金を請求されるため海外の業者を考えがちです。
しかし、実際には日本語対応でないことや出金を拒否されるなどトラブルが起きやすく、キャンペーンなどメリットだけをアピールする業者はリスクがあります。

このようなパターンは登録させて入金するように仕向け、計画倒産をしてそのままだまし取ろうという考えをすることも多いです。
しかし、金融ライセンスがあればこのような詐欺はできないため、最低限でも取得していて日本語対応であることを確かめる必要があります。

また、口コミや評判が良ければ安心して利用しやすく、スキマ時間にトレードをして稼げるようにすると効果的です。

きちんと計画を立ててトレードをしよう

FXで利益を出せば課税対象所得になり、そのタイミングは出金する時点になります。税率は海外の業者を利用すると利益が大きくなれば高くなり、今後の生活に支障をきたすことにならないよう金銭計画を立てて利用することが重要です。

また、一獲千金を狙うためにレバレッジを高くすると金銭感覚が麻痺するリスクがあり、そのまま業者が倒産して資金が戻ってこないこともあります。

国内の業者は急激な価格変動が起きると口座残高不足になりやすく、追加証拠金を請求されるため今後の予測をしてトレードをすることが大事です。FXを副業としてするときはパソコンだけでなくスマホでもできますが、きちんと計画を立ててトレードをしないといけません。

SNSでもご購読できます。